やっぱり中身、でも売る為には外見。

Pocket

きなりステーキ半端ないって!

最近のお昼の楽しみは、、
美味しいランチを開拓することです。

相変わらず新居のなかは、、
空っぽのままなので

自炊したいという気持ちを抑えつつ
今は外食しています。
(ヒント=自炊してモテたい)

そこで近所の店から1件ずつ
開拓して行ってるのですが、

1件、、これは美味しい!!という
ステーキ屋さんが見つかりました。

そこは雑居ビルの2階にあって
見つけにくいですが、、

店内に入ると
愛想の良い若い夫婦が出迎えてくれ

心地のいい隠れ家的な雰囲気で
ゆったりと”肉”を楽しめます。

肉厚たっぷりの国産ステーキが
鉄板の上でジューッと焼かれながら
運ばれてくるスタイルです。

そこにわさびを塗り込み
ガーリックチップを乗せて
口の中に放り込めば、、

甘みのある肉汁がジュワーと
口の中で溢れ出し

「生きててよかった…」
と、心から思える瞬間に出逢えます。

しかも新鮮野菜のサラダバーもあり、、

その野菜に”自家製”の玉ねぎドレッシングが
また合うんですよ…

これで価格がなんと、、

”980円”です。

→今すぐあなたもステーキを食べてみる…(笑)

・・・

食テロ&おふざけ失礼しました。w

ついついテンションが上ったので
描写してしまいました。。

で、、まあそんないい感じの
ステーキ屋だったのですが、

やっぱり立地の問題もあるのか
お客さんはまばらでした。

味や雰囲気、ご夫婦の接客、
それに対しての価格も

全てが満足だったので、
本来であればもっと行列を
作ってもいいと思います。

実際、近くの雑居ビルの2階にある
全く美味しくないデカ盛りステーキ丼が売りの店は
毎日鬼の行列を作っているんです。

そしてその帰り道にある
いきなりステーキですが、、

この灼熱の太陽が照りつける暑さにも関わらず
路上に長蛇の列を毎日作っています。
(半端ないってw)

2回だけ行ったことありますが、
僕は美味しいとは思いませんし
接客もかなり微妙でした。。

よっぽど、今日見つけた
ステーキ屋さんが
全ての面で上回っています。

でもこれはまさに
中身と外見は違うということです。

中身が良ければ売れるのではなく
まずは外見で食べてみたい!と
思わせないと売れないということですね。

いきなりステーキは
立ち食い、量り売り、肉マイレージ
これらのコンセプトが他のステーキ屋と違い
ハマっているのかと。。

また並んでる客層を見ていると
外国人観光客も多いので
話題性で観光客も取り込んでますね。

そう考えると・・
デカ盛りステーキ丼の店も
並んでいる理由が見えてきます。

ただ美味しいだけじゃダメ
店内の雰囲気が良いだけじゃダメ
接客が良いだけじゃダメ

う〜ん、、
飲食店って厳しいですね。。

この業界でよくある
プロダクトローンチを使って
販売される塾やスクールも

外見はめちゃくちゃ魅力的でも
いざ購入したら中身は空っぽというのが
よくあるじゃないですか。

実際にPPCやYDN系の塾では
めちゃくちゃ多くありました。

それだと売上は上がるけど、

リピーターがつかないので
絶えず新規で集客する必要があるのと
人としてどうかって問題もあります…

師匠の河村さんを見て学びましたが

河村さんは、企画やセールスが
上手いだけでなく、、

商品そのものが分かりやすく
再現性が抜群で
ボリュームも異常です。(笑)

同じく三浦さんの
BECが売れ続ける理由も

実際に入ってみて
すごく納得できています。

「質×量」

どちらも半端ありません。w

僕たち個人で小さく戦う以上は
外見と中身、両方が大切ですね。

また、
飲食店は店舗や在庫、人件費など
様々なリスクがありますが、

ネットビジネスは店舗も在庫も
抱えずに挑戦できます。

そう考えたら・・
失敗しても特に失うものもないし
僕らは挑戦し続けたいですね。

対象的なステーキ屋を見比べて、
ふと思った瞬間でした。

それでは!

小安純也

追伸:

ネットビジネス全般における最新のネタを、
日刊メルマガにて無料で提供中です!

↓【公式メルマガ】元柔道バカが送る根性論×戦略的ビジネス論

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です