潜在層を狙ったiPhoneのセールスマン

Pocket

員「まだ要りませんよね…」
僕 「要りませんね」

・・・

先日、新居にWi-Fiがなかったので
契約しに行ってきました。

前の自宅では固定の回線を
繋いでいたのですが、、

あまりにも出張として
外に出ることが多かったので
ポケットWi-Fiに変えることに。

それに普段は家に居ても
極度の飽き性で、

作業場所をコロコロと
変えたくなるんです。

なので、WiMAXという
Wi-Fiを契約してきました。

時間があまりなかったので
すぐに店員さんを呼んで
一緒に決めて貰いました。

その契約中に、
何気なくスマホを
机の上に置いたんです。

そしたら、
それを見た店員さんが

「画面大丈夫ですか?」

と、聞いてきたんです。

っていうのも・・

最近落としてしまって
画面がバキバキに割れたんです。。
(4年半愛用のiPhone5s)

で、そんな店員さんの問いに対して

僕「大丈夫じゃないんですよ〜」

店員「相当やっちゃってますもんね。。」

店員「ってか5sですか?」

という形で、
契約中に話がスマホの方に
流れていきました。

気付けば契約先を聞かれたり
月々の支払い額なども
聞かれたりしていて、、

WiMAXとの比較に
入っていたんです。

最近セールスを受けることが
何かと多いですね。

僕としては、
早く契約を済ませたかったのですが

心のどこかで
今、変えたほうがいいかも

と、そんな気持ちも
芽生え始めてました。

これどういうことか言うと・・

自分の潜在的に眠っていた悩みが
顕在化されたんです。

「?」だと思うので、
もっと分かりやすく説明します。

顕在=意識していること
「今すぐWi-Fiを購入したい!」

潜在=無意識
「いつかはスマホを変えるべきだよな〜」

そもそも僕のスマホは、

・iPhone5sで4年半も使っている
・読み込みスピードが遅かったり、充電の減りも早い
・画面が割れてて使いづらい

かなり不便していました。

今すぐ変えたいとは思ってなかったけど
いつかは変えたほうがいいと思ってました。

ですが、この店員さんと出会ったことで

無意識の中で変えたほうがいいかも

だった状態が、、

メリットを聞いたり
比較表を見たことにより

今すぐ変えたほうがいいと
意識するようになったんです。

で、お客さんの数としては

顕在層(今すぐ購入したい)
「自ら店舗に来る」

よりも

潜在層(いつか購入できれば)
自ら店舗には来ない

の方が圧倒的に多いです。

なのでこの店員さんのやり方は
上手いと思いました。

たまたまWi-Fiの契約で店舗に来た僕が
スマホを机の上に置く

スマホのヒビ割れに気付く

5sを使ってることに気付く

月々いくら掛かってるんですか?

WiMAXならコレだけ安くなりますよ

YDNアフィリエイトでも
顕在層だけを狙っていると
お客さんの数には限界があるので
大きくは稼げません。

なので潜在層を狙って、上記の例であれば

「スマホのヒビ割れ気になりませんか?」

「5sを使ってる人に朗報です!」

という流れで、
”いつか”を”今すぐ”に変換します。

いかに今すぐの購入を考えてない人に
購入してもらえる訴求をできるかで
売上というものは大きく変わるのです。

・・・
で、昨日は綺麗なセールスでしたが

なぜか最後に言われた言葉で
一気に冷めてしまいました。

それが冒頭に伝えた、、

「これだけ安くなりますが
 まだ要りませんよね?

と、決めつけられたことです。

自分で言うのもおかしいですが・・

いや、、
そこはもっと押してよ!笑

自分がお客さん視点になって
改めて分かりましたが、

結局お客さんはセールスマンに
背中を押して欲しいんです。

必要性を感じたのであれば
なおさらじゃないですか。。

せっかく途中までは
潜在から顕在へ綺麗な流れだったのに
最後の押しが弱かったです。

ただところどころで
自信なさげな部分もあったので
多分その紹介する商品に
心からの自信を持ててないのかと。
(勝手に分析します。。)

もしあなたが、

ネットやリアル、全てを含めて
何かしらの商品を販売してる場合は

必ずその商品を好きになり
自信を持って販売してください。

それが一番の
お客さんの為でもあります。

今日はそんな、、
営業されてきたシリーズでした。w

それでは!

小安純也

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です