知識のコンテンツ化=現金ゲット

Pocket

日は日曜日という事で
趣味に明け暮れていました。

趣味と言っても
インプットですが…w

昔は勉強が大大大っ嫌いだったのに
今は休みの日に勉強してるなんて、、

人は変われるもんです。

と、いうことで・・
今週も入っていきたいと思います!

先日、公式メルマガにて
「なぜコンテンツ作成を学びたいのか?」
という、アンケートを実施したのですが

こちら、結構な方に
回答を頂きました。

で、大きく分けて学びたい理由が
この2つに分かれていました。

・動画や音声教材の作り方を知りたい
・資産になる、可能性を感じる

コンテンツの作り方を学びたい方と
基礎的な知識から根底部分、
全体像、実践ノウハウを学びたい方。

そしてこの両方で共通してたのが
「実績がまだないです…」
という悩みでした。

ただここで一つ”実績”に関しては
小安流の持論がありまして・・

これは、
「これからコンテンツを作りたい!」
「コンテンツは作らず1人でやる!」

両者に役立つ持論で
インフォ業界では
なかなか聞けない話だと思います。

ナンチャッテ教師の
免許まで持っているので
指導にはなにかと
パッションの強い小安です。w

そんなムダ話はいいとして・・

実績がある=教え方が上手いは
全く関係ないし、ウソになります。

なぜなら
”実績”と”指導力”は別物だからです。

柔道でも昔強かった選手が
そのまま指導者になったからと言って
必ずそのチームが強くなるとは限りません。

実績ゼロでも指導力だけで
日本一になっているチームが
山ほどあります。

格闘技界の神童とも呼ばれている
那須川天心を育て上げた父親も
実績ナシの無名選手です。
(知らない人すみませんw)

これはビジネスでも全く同じで
多くの稼ぐ系塾やスクールが
叩かれていますが、、

指導力に問題アリなんです。

塾やスクールを主催するという事は
それなりに実績はあるはずです。
(詐欺系でない限り。)

でもこれがコンテンツ作成の話と
どう関係あるの?
と、思われたかもしれません。。

ですが、そもそも

コンテンツを作るという事は
自分の知識や経験を教材に纏めて
人に伝えるという事になります。

と、なると当然

作る側としては分かりやすい説明をして
お客さんの能力を引き伸ばす
指導(コンテンツ作り)をする必要があります。

一方で、コンテンツ作りに興味がなく
個人で実践していく場合においても

絶対にインプットが必要になってきます。

その際に誰かから学ぶ事になりますが
実績だけで指導者を決めていたら
必ず失敗してしまうんです…

実績はコピーライティングの
単なるテクニックの1つで
権威性でしかありません。

まとめると・・

【コンテンツ作りに興味のある方は】
・別に実績は要らない
・もちろん実践は必要
・指導力も高めたほうがいい

【学ぶ側の立場では】
・実績に惑わされない
・コピーが上手い人から選ぶ

セールスレターやセールスメールで
デザインにお金掛けてる人はNGです。
(腕組んでスーツ、ピカピカの文字や背景…etc)

本当に教え方が上手い人は
デザインにお金を掛けません。

なぜなら”言葉の力”だけで
相手を動かす事ができるからです。

そうなると高確率で
実際のコンテンツも、
分かりやすいんです。

経験上、ハズレた事ありません。

ということで、
ぜひ参考までに!

小安純也

追伸:

もっと具体的なコンテンツ作成や
指導メソッドについて学びたいよー!

って方は、

こちらの公式メルマガへの登録お願いします!

↓【公式メルマガ】元柔道バカが送る根性論×戦略的ビジネス論

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です