メイウェザーVS那須川天心を生観戦して感じた”実力の魔力”

Pocket

けましておめでとうございます!

本年度も絶賛修行中の僕の発信を
どうぞ宜しくお願い致します。

さて、正月真っ只中なので・・

昨年度の疲れを癒やすために

おせち料理を食べながらこたつに入って
のんびりと過ごしたいところですが

僕は新年早々、落ち着くことなく
慌ただしく過ごしております。

それはあまりにも、
大晦日に埼玉スーパーアリーナで見た
格闘技イベントの光景が

目に焼き付いて取れないからです。

大晦日といえば・・

紅白やガキ使、今年はSASUKEなど
1年の終わりの日をより楽しくさせる為の
TV番組が並んでいます。

その中で僕は、大好きな格闘技を
生で見たいという思いから
チケット争奪戦に打ち勝って

朝の9時から年明けまで
格闘技観戦に明け暮れました。

埼玉スーパーアリーナへの滞在時間は
15時間。。笑

そんな15時間の滞在に及んだ大会の
一番の目玉は

”メイウェザーVS那須川天心”

もちろんこの他にも
個人的に注目してた対戦カードは
たくさんありますが、、

それを書くと格闘技ファンにしか
伝わらなくなってしまうので。。w

でもこの一戦は、色んな意味で
全世界から注目されてたし
格闘技に興味のない方でも
聞いたことはあるかもしれません。

なので、今日はこの話を
新年一発目のブログにて
書かせてください。

普段は格闘技の認知度がなくて
あまり書けませんが、、

今回の格闘技で起こった出来事は
ぜひあなたにも読んで欲しいと思います。

まず、このカードがなぜ
注目されてたかと言うと、、

メイウェザーはボクサーなのですが
50戦50勝の全勝で
今まで負けたことがありません。

それも弱い相手に勝ち続けたのではなく
ボクシング世界5階級制覇を成し遂げている男です。

1つの階級で世界チャンピオンになるだけでも凄いのに
5階級で世界チャンピオンになっています。。

ネットビジネスで例えたら・・

PPCアフィリで1億
トレンドアフィリで1億
メルマガアフィリで1億
YouTubeで1億
転売で1億

を、たった一人で
達成するような感じです。。

ちなみにメイウェザーが
一試合で稼ぐ金額は総額で100億円以上…

と、なってくると、、

誰もそんな大金を払うことはできないので
試合自体、組まれることがありません。

さらにさらに、、
既にメイウェザーは引退しているので
なおさら試合は見れません。

(引退しつつも、復帰して試合してるので
強さの衰えも感じないです。)

もちろん日本人のボクサーで
戦った人は居ません。

また前回、UFC2階級王者の
マクレガーと戦った時は

一番安い席で24万円。。

一番高い席だと、なんと

1050万円。。。。

※UFC=世界最高の総合格闘技団体

ーーー
※格闘技の種類
かなりざっくりですが・・

ボクシング=パンチだけ
キックボクシング=パンチとキック
総合格闘技(MMA)=パンチ・キック+絞め・関節などの寝技もあり
ーーー

何もかも、
次元が違うんです。

そんなメイウェザーの試合が
今回は1万円前後で見れるとなると、、
めちゃくちゃお得で

チケットを入手するのに
かなり苦労しました。。

対する相手の、那須川天心は
キックボクサーで28戦全勝。

若干20歳にして
今の日本の格闘技業界を
最も盛り上げている選手です。

ネットビジネスで例えると・・

情報発信で1億円を

20歳で稼ぐみたいな感じです。

もちろん強いし、僕も大好きですが
メイウェザーに比べると
格の違いが余裕でありすぎます。

しかも今回は色々と不利な条件があり・・

・メイウェザーの方が4階級も上
・ボクシングルール(メイウェザーの土俵)

柔道をやってたので分かりますが、
1階級でも変わるだけでパワーがまるで違うし

キックボクサーがボクシングルールで戦うのも
普通にありえないことです。

しかも相手はメイウェザー。。。

野球で例えると・・

大阪桐蔭がヤンキースと戦うイメージ。

本来であればチャンスの欠片もない、
ボコボコにされて負けるだけでなく

もしかしたら選手生命も
絶たれるかもしれない

そんな試合でした。

でも・・・

素人の僕らは、色んな要因が作用して
この現実から完全に目を背けていました。

その理由は・・

・メディアによる過剰な期待

・天心の負け姿を見たことない
=彼が負けるとこをイメージできなかった

・メイウェザーの試合前の態度
まさに”俺様”という感じで
当たり前のように試合に1時間半遅刻。。

当日まで本当に試合が行われるかも
分かりませんでした。w

当然ながら会場に居る僕らは
メイウェザーの到着待ち。。。

だからこそ、天心にメイウェザーを
ぶっ飛ばして欲しいという気持ちが最高潮に達して

「もしかして勝てるんじゃないか」と
負けるという言葉を忘れかけてました。

そんな中でようやく
メイ様が到着して

試合が始まりました。

会場全員が天心の奇跡を信じ

僕を含む会場の皆が

「メイウェザーをぶっ飛ばせ」と

怒り混じりに叫びましたが・・

ものの30秒で会場全員が言葉を失うことに。

その光景はあまりにも残酷なものでした。

あの那須川天心が
おもちゃのようにもて遊ばれ

今まで一度もダウンを取られたことのない天心が

わずか139秒の間に
3回もダウンを取られていたのです。

脳みそが揺れ、
足がフラフラの状態にあるにも関わらず

それでも立とうとする天心のセコンドから

タオルが投げ込まれ
あっという間に試合は終了しました。

その場で天心は涙。

レベルが違うとは
このことを言うんだ。。

と、思わざるえない光景が
そこに広がっていて、

あまりの格の違いに
誰もが言葉を失いました。

僕も放心状態に…

メイウェザーにパンチを喰らわせて
ざまあみろ!と言いたかった気持ちなど

一瞬でどこかに消えていました。。

”あまりに強すぎて何も言えない。”

大晦日の埼玉スーパーアリーナに来た
3万人の多くは

同じ感覚に陥っていたと思います。

よく周りに批判されがちな
このネットの業界でも
結果で黙らせろ、と言われますが・・

完全に結果で黙らさせられました。

スポーツには流れというものがあるので
会場の雰囲気からしても
全員が天心の味方だったので

流れは完全にこっちにきてました。

でも、そんな流れという概念を
全否定されるくらいに強かった。

金の亡者と呼ばれ、

”楽な金稼ぎ”と大会前から
メイウェザーは発言していて

世界中から批判を浴びてる男ですが

あんな試合をまじまじと見せつけられたら
批判の言葉など出てきません。。

そんな僕の人生の記憶に残る出来事が
大晦日に起こりました。

あの平成最後の日から
何を学んだとか、何を感じたとか

まだ言語化出来ないくらいフワフワした状態で

僕は新年を迎えた訳ですが・・

実力があれば何をやっても
一瞬で黙らせることができる、

それが”実力の魔力”なんだなと思いました。

もちろん間違った使い方をしたくないけど
間違った使い方をしてても
こうしてメイウェザーは評価されるんだと、、

身をもって体感しました。

あれで一瞬でも苦戦してたら、会場含め
全世界からさらに批判を浴びてた訳なので。。

この一件に重なるように、今年は
インフォ業界も本当の実力者のみが生き残る時代になると
色んな方が言っています。

偽物は化けの皮が剥がされ、淘汰されていく…

実力社会の到来ですね。

長くなっているので、そろそろ終わりますが

補足としてメイウェザーは
普段の態度とは裏腹に相当な努力家です。

実力の裏側には、
やはり努力がついてまわるもの。

楽して勝てる
とか
楽して稼げる

そんなものは存在しません。

柔道でもビジネスでも、
それは思い知らされているので・・

そういう意味でも
今の修行僧という立ち位置は
僕もかなりしっくり来ています。(笑)

だからこそ・・

”真っ直ぐに努力して本物の実力を付ける”

そんな2019年にしたいと思います。

ということで、、
大晦日から溜まっていた想いを
こうして一発目の発信に綴れて

スッキリしました。(笑)

本年度も、ともに成長していきましょう!

宜しくお願い致します。

小安純也

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です