メルカリで返品したいと言われた場合の対処法は意外と簡単だった

腕を組む少年
Pocket

日はメルカリで返品したいと言われた場合の対応ステップについて、状況に応じた対応ステップを具体的にお伝えしていきたいと思います。

返品と聞くと面倒くさそうに見えますが、ステップの通りにやれば意外と簡単に終わります。

やはりメルカリで取引が多くなってくると返品などのトラブルは付きものですが、あなたも対処法さえ知っておけばそこまで恐れる必要はありません。

その為にも本記事でしっかりとメルカリ返品対応ステップと、その先にあるメルカリで返品されない為の施策も同時に学んでおいてください。

それでは参りましょう、本日のメニューです!

メルカリで返品したいと言われた場合

泣いてる赤ちゃん

まずやるべきことは、どちらに否があるのかを確認していきましょう。

もちろん「〇〇が原因で〜」と理由付きで最初から送ってきてくれる方も居ますが、中には唐突に「返品したい」という文だけが送られてくることもあります。

それ次第で返品するか否かを決めていきます。

ただしいずれの場合にせよ、商品販売者として冷静な判断で丁寧なやり取りを心掛けておきましょう。

もし良ければ、「返品したい」というメッセージだけが来た場合の例文としてお使いください!

この度はご迷惑をお掛けしてしまい大変申し訳ございません。

返品したいということですが、こちらが送付した商品に何か問題がありましたでしょうか?

もし返品する運びになった場合には事務局を挟んで円滑に対応させて頂くので、理由をお聞かせ頂けませんか。

お返事お待ちしております。

返品理由が自己都合の場合

返品の理由がこちら側に問題があった場合は、すぐに返品対応をしていきましょう。

こちら側の都合とは、例えば

  • 説明欄に記載がない問題があった場合
  • 写真には載せてない問題があった場合
  • 送った商品が偽物(不良品)だった場合
  • そもそも送る商品を間違えていた場合(型番違いなど)
  • 郵送中の梱包方法に問題があり商品が傷ついた場合

こういった時はすかさず返品してください。

具体的な返品方法に関しては受け取り評価前か後で対応方法が変わってくるので、次の目次にてご覧ください。

返品理由が相手都合の場合

返品の理由が相手都合の場合は少し判断が難しいところです。

まず一つ言えるのは、明らかに相手都合での返品の場合は拒否することができます。

例えば、「やっぱり必要じゃなかった」という理由や、写真や説明欄で商品の全てを伝えているにも関わらず「思ってるのと違った」という理由では返品する必要はありません。

ただし、ここは考えようなのですが例外もお伝えしておきます。

例えば、相手からものすごく丁寧な文面で「どうしても金銭的に厳しくなってしまい・・」などのメッセージが来た場合は、相手の為に返品しても良いかもしれません。

また、クレーマと返品のやり取りがストレスだという場合も、返品してしまった方が楽かもしれません。

なので返品理由が相手都合であった場合でも、必ずしも断る必要はないと覚えておきましょう。

本当にメルカリで返品は断れるのか?

パソコンの前で頭を悩ます女の子

これは結論から言うと、メルカリでは返品を断ることができます。

では実際にメルカリガイドによる返品に対する記載を見ていきましょう。

こちらが記載の全てなのですが、見て頂けると分かる通り返品していいか否かについては一切の記載がありません。

なので、状況に応じた対応となっていくのですが、この一文にご注目ください。

商品に問題があっても返品に応じないという記載をすること

要するに返品理由が自己都合であっても、返品しないという”記載をしておくこと”がルール上ではいけません。

返品に対して具体的な明記がないのは、どうしても状況に応じた対応になってしまうからです。

なので相手都合の場合は返品を断ることは実際にできます

ですが、どうしても不安な場合は事務局に問い合わせましょう。

メルカリ返品対応ステップ

ここからはメルカリで実際に返品することが決まったあとの流れを見ていきましょう。

いずれにせよ安全に返品を完了させる為に、メルカリ事務局を挟むことになるので頭に入れておいてください。

受け取り評価前に返品する場合

受け取り評価の前に返品する場合はこちらのステップになります。

  1. 取引ナビを通してお互い返品に対しての合意をする
  2. 購入者と返品方法について話し合う(発送方法や送料)
  3. 購入者に発送してもらう
  4. 商品が到着したら購入者に取引ナビから連絡する
  5. こちらがメルカリ事務局へキャンセルの連絡をする
  6. メルカリ事務局がお互いの取引ナビを確認する
  7. メルカリ事務局を通して売上金が自動で返金される

以上が返品の流れになるのですが、こちらがやることは事務局に連絡を入れることくらいなので意外に簡単です。

では、もう少し詳しく見ていきましょう。

1,取引ナビを通してお互い返品に対しての合意をする

お互いが返品に対して合意してなければ、そもそも次のステップに入れません。

こちらは返品を申請されている側なので、先ほどもお伝えした返品理由を明確にして貰い、こちらが納得してから合意しましょう。

2,購入者と返品方法について話し合う

お互い返品に対する合意ができたら、発送方法や送料についてを話し合っていきます。

送料に関しては、どちらに落ち度があったかで決めていくとよいでしょう。

3,購入者に発送して貰う

匿名発送の場合はこちらの住所が相手に分からないので、取引ナビから郵便番号と住所、氏名を伝えておきましょう。

4,商品が到着したら取引ナビから連絡する

商品が到着した場合は購入者側に取引ナビから連絡したうえで、この後にキャンセル申請を事務局にするという旨を伝えておいてください。

5,こちらがメルカリ事務局へキャンセルの連絡をする

「スマホ版」

まずはホームからお問い合わせをタップします。

次にお問い合わせ項目を選択します。

次に取引中の商品をタップします。

次に出品した商品をタップします。

次にその他をタップします。

その次にお問い合わせするをタップします。

最後に返品する旨を伝えれば完了です!

 

「PC版」

まずはマイページからお問い合わせをクリックします。

次に「その他」をクリックします。

最後に商品IDと返品となった旨を伝えれば、後はメルカリ事務局が処理してくれます。

受け取り評価後に返品する場合

基本的に返品方法のステップは、受け取り評価前と同じです。

ですが、返金方法だけが若干異なる場合があります。

というのも、売上金がメルカリ上に残っていればそのままメルカリ事務局が返金してくれますが、売上金が残ってない場合はメルカリ事務局の判断に委ねることになります。

その辺りも事務局を挟んで円滑に返品手続きを進めていきましょう。

今後メルカリで返品したいと言われない為の施策

笑顔でこっちを見る4人の男女

ここまでメルカリの返品方法をお伝えしてきましたが、できるだけ未然に防ぐ工夫も大切です。

なので最後に、メルカリで返品されない為の施策をお伝えして終わりにしたいと思います。

説明文に商品状態を細かく記載しておく

まずは商品を出品する際に、商品状態を細かく記載しておきましょう。

説明文に商品そのものの特徴などの記載は要りませんが、商品のコンディションに関しては具体的に書いておく必要があります。

特に汚れや傷などのマイナス要素については、書きたくないという気持ちも分かりますが後からトラブルの原因となりますので、事細かに記載しておきましょう

写真でも商品状態が分かるようにしておく

説明文と同じように、マイナス要素に関しては必ず写真も撮って載せておきましょう

相手に納得した上で購入して貰うことが、返品を無くす一番の近道です。

商品のコンディションを盛らない

中古の場合は、より具体的な商品コンディションを選択することになりますが、この時に商品のコンディションを盛るのも辞めましょう。

また自分だけの感覚で不安の場合は、誰か周りの人に相談するのも良いと思います。

大切なのは自分が購入者側に立った時の気持ちになって、コンディションを選択していくことです。

丁寧な取引を心掛ける

お互い顔の見えないアプリでの取引とは言え、そこに金銭のやり取りが発生しています。

たまに取引のメッセージを一切送ってこない方も居ますが、最低限の挨拶や礼儀はわきまえて対応していきましょう。

返品についてのまとめ

冒頭にも書きましたが、長く取引を続けていると必ず返品のようなトラブルは発生してきます。

ただそのトラブルが起きた時は、この記事を読み返して円滑に対応していきましょう。

また返品になる前に、未然に防ぐことも十分可能なのでその辺りも意識して頂ければ幸いです。

あなたがメルカリを楽しく快適に活用できることを願っております!

それでは。

小安純也

実際に僕が返品騒動に巻き込まれた話はこちら

メルカリで本物を売ったのに偽物と言われた!この経験から学んだこと

 

追伸:

もしあなたが、もっと深く転売ビジネスについて知りたい場合は、ぜひこちらに登録しておいてください!

↓【小安純也公式メルマガ】

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です