人生を激変させてくれるのは、いつも失敗から

Pocket

功は人の表面を飾り、
失敗は内面を豊かにする。

失敗には成功に劣らぬ報酬がある。

この言葉は、、

サッカーの長友選手が
7年前に祖母から貰った手紙に
書かれていたそうです。

この言葉を見て感動しました。

今日はこの言葉について、

僕なりの経験を交えて
このままの流れで
掘り下げさせてください。

特に心が動いたのは、
失敗は内面を豊かにする。
という部分です。

誰もが失敗することに対して
恐怖を抱えています。

僕も失敗することは怖いです。

でも振り返ってみると・・

柔道とビジネス、どちらにおいても
失敗を機に大きく成長して
道を切り開くことができました。

そもそもネットビジネスを始めたキッカケは
柔道で失敗したからです。

当時20歳だった僕は、
国士舘大学の2年生でした。

高校時代に九州でそれなりの結果を出し

大学で日本のトップチームに入って
日本一、そして世界一を目指します!
と意気揚々と面接で言ったのを覚えています。

でもそのわずか一年後、、

関東のレベルの高さはおろか、
校内予選のレベルの高さに完全に心が折れ
試合すらまともに出れてませんでした。

今でこそ、頑張れば何でもできると
偉そうに言ってますが、

当時は自分が一番
頑張ることから逃げていました。

で、大学2年生ながら、

俺の実力じゃ柔道で飯は食えない。

と、個人で日本一を目指すことを
完全に諦めてしまったのです。

これが人生で一番の大失敗でした。

小学校1年生からずっと勝つことを目的に
頑張ってきた柔道でしたが、

ここに来て初めて目的を失いました。

ですが・・

これが僕の人生の転機となることに…

そしてこの時に初めて、

自分から柔道を取ったら何が残るのか?
そして柔道以外に何をやりたいのか?

を考え始めたんです。

でも・・・

当然ながら他の物事に
全く興味がなかった僕は

何にも思い浮かびませんでした。

「やりたいことがない。。」

その瞬間、
全身が恐怖に支配されました。

卒業まではチームの
日本一という目標に貢献するという
生きがいがありましたが、

卒業後は本当になにも残りません。

だからこそ、、
とことん向き合いました。

そこで1つ見えてきたのは

「好きじゃないことで縛られたくない」

ということでした。

そう、僕はとにかく
時間・人・お金などに
縛られるのが大嫌いです。

でも柔道に関して言うと、
好きだったからこそ
どんな制限も我慢できました。

ただ、好きでもない仕事で
会社や上司に縛られるのだけは嫌だなと、

ない頭で熟考した結果、
そこに辿り着いたんです。

また・・

柔道界でも、引退後に事業を起こして
お金持ちになってる人が居たので

どうせやるならお金も稼ぎたいと思ってました。

拘束されない・自由・稼げる

このキーワードから連想して

「自由に稼げる仕事」(笑)

とかをグーグル先生に打ち込んで
自分ができそうなことを探していたところ

ネットビジネスの存在を知りました。

そこからネットビジネスで調べていると
人生の師である
河村さんのメルマガと出逢ったんです。

彼から送られてくるメールは
柔道しかやってなかった僕にとっては
異次元かつすごく新鮮で、、

毎日、部活以上に興奮していました。w

そして気付いた時には、

「会って貰えませんか?」

と、メールを送っていたんです。

これが僕の始まりです。

あの当時、

まさかネットビジネスが
柔道以上に燃える生きがいになるとは

想像も付きませんでした。

でもこの原点は、
柔道で挫折したという
1つの失敗からです。

あの経験があったからこそ

ネットビジネスでは
諦めることを諦めました。

確かに今でも失敗することへの
恐怖心はありますが、、

あの当時の失敗があるからこそ
今があることを忘れてはいけません。

そう考えると、

失敗を恐れて行動しないくらいなら
失敗を覚悟して行動したほうがいい。

そのほうが絶対に成長できます。

行動した先には
必ず結果が待っています。

ぜひ、あなたも
失敗を恐れず一歩踏み出す行動を
起こしていきましょう!

小安純也

ーーー

日常で発生する最新のリアルを、日刊メルマガにて発信しています。
テスト期間ということで無料(タダ)なので、興味のある方はぜひご登録ください。

↓【公式メルマガ】元柔道バカが送る根性論×戦略的ビジネス論

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です