トレンドせどりで初心者が楽に稼いだ話|10日で100点売れた商品を実名告白

Pocket

日、トレンドせどり(転売)で初心者に近い僕がかなり美味しい想いをした事例がありました。

僕は王道のトレンドせどりと違い、テレビやSNSとかを追いかけるようなことは一切していません。(家にテレビはないし、スマホも殆ど見ません…)

それでもいわゆるトレンドせどりで初心者でも稼ぐことができました。

ある1つのカテゴリにトレンドを掛け合わせているのですが、、その名も

【トレンド×地元名産】

これは(多分)やってる人も少ないし、チャンスだったりします。

ちなみに地元名産ノウハウは、こちらの記事で公開してますのでぜひ合わせてお読みください☆

【参考】せどり初心者に一番オススメする、超稼ぎやすい転売戦略!

今回は体験談ということで、売れた商品とその売れた商品から判明したトレンドせどりの未来について他では聞けないような話をしているので、ぜひ目を通しておいて貰えれば嬉しいです。

それでは内容に入りましょう、本日のメニューです!

トレンドせどりで初心者が楽に稼いだ話

まず最初にトレンドせどりで初心者が楽に稼いだということですが、、これは紛れもなく”ほぼ”事実です。

具体的にどういうことかと言うと、半年前に博多の名産品の出品をトレンドなど一切気にせずに片っ端から出品していました。

すると偶然2つの要因が重なって、半年遅れでいきなり2つの商品が飛ぶように売れまくったのです。

でもその2つの要因を分析まではいかないですが考えた結果、いわゆるトレンドの波ということが分かりました。

これらの経験を深掘りしていけば、もっとトレンド×地元名産で稼げるようになると思うので、、実際に売れた商品と分析結果をシェアしていきますね!

トレンドせどりで初心者が売った2つの商品

まずはどんな商品が売れたかを見ていきましょう。

トレンド×地元名産①:ゆずすこ(調味料)

これは九州限定のゆずを使った調味料です。

僕も実際に使ったことがあるのですが、画像にも書いている通り柚子胡椒の液体バージョンのような味でした。(水炊きにめちゃくちゃ合います)

過去に食べて美味しかったという理由だけで、そこまで売れてなかったゆずすこを出品しておきました。

実際に3週間ほどで複数本注文も入れたら120本も売れました。

トレンド×地元名産②:ガトーフェスタハラダ(ホワイトチョコ)

次に売れたのがこのガトーフェスタハラダというお店のホワイトチョコです。

ガトーフェスタハラダ自体はラスクとチョコをかけ合わせたことで有名でかなりの人気店です。

また、これは博多の名産品ではありませんが、全国的にも店舗数が限られているので出品しておきました。

実際に10日ほどで複数本注文も入れたら100本以上売れました。

全て注文が入ってから百貨店で仕入れて梱包して発送していたので疲れましたが、これだけで30万円以上の売上が資金として入ったので、速攻でメイン仕入れに回せてめちゃくちゃ助かりました。

利益だけで見ても4万5千円の臨時収入が入り、さらにメイン仕入れに資金を回せたことで全体の売上も伸びました。

では、それぞれの要因を見ていきましょう。

テレビで紹介されトレンドと化した

普段は月に1本売れるかどうかのゆずすこですが、今回はたまたまテレビでの放送があったようです。

売れる理由が気になってテレビでの紹介情報を調べましたが全く出てこずで、なんでだろう?と思っていました。

でも翌日に郵便局で大量のゆずすこを発送しようとしたら、郵便局のおばちゃんが

「やっぱりゆずすこ売れてるの(^^)?」と言ってきたのです。

どうやらその放送をおばちゃんが見ていたらしく、ちょうどそのことを伝えようとしてくれてたみたい。。(仲良し笑)

やっぱりテレビの影響力は強い

過去にもゆずすこは何度か紹介されたことがあったのですが、その度に売れていたようです。

マツコの知らない世界という番組で紹介されたことがあるそうですが、その時も凄かったみたい。。

最近では他にもおからパウダーが売れたりサバ缶が売れたりしてるので、ダイエットとトレンドを掛け合わせるのも面白そうですね。

今回改めてテレビ離れは嘘だろ、と思うくらいテレビの影響力は凄いと感じましたし、、ほんのちょっとだけ僕もテレビを買おうか一瞬だけ思いました。

名産品は紹介されやすい=トレンドせどり先読みチャンス

ここで思ったのは、名産品ってテレビで紹介されやすいということです。

地方の方にとっても、地元の方にとってもその土地を代表する食べ物って気になると思います。

しかもゆずすこのように一度話題になった商品は、これからも定期的にテレビで紹介されることが多いです。

そう考えると、情報から先読みして仕入れをする本来のトレンドせどりは、売れない時のリスクや競合との争いで疲弊しますで、知識の少ない初心者には難しかったりします。

ですが今回は競合が0人です。

そもそも今までは月に1本程度しか売れてなかったので当たり前ですが。

なので、過去にテレビで紹介された商品を調べて出品しておけば、初心者でもライバル不在で、ある程度トレンドせどりの先読みが可能だと感じました。

ホワイトチョコという名前がトレンドに

これはちょうどホワイトデー前の10日間で爆売れしました。

単にホワイトデーだからチョコが売れるのは当たり前、ということではなく、面白いのがその1ヶ月前のバレンタインデーでは今回ほど売れていませんでした

「ホワイトデー」と「ホワイトチョコ」の掛け合わせ

僕を代表に男は単純な生き物だ、という結論は置いておきまして、、ホワイトデーにちなんでホワイトチョコをあげるということなのでしょうか。

これはあくまでも仮説ですが、来年はその検証として他のホワイトチョコも調べて出品していこうと思います。

じゃあ逆にバレンタインデーでも、黒い?というと変ですが、、普通のチョコレートをもっと出して検証していきます。

ここでも、トレンドせどりに名産品をかけ合わせてあげることがポイントです。

単純にバレンタインデーにチョコと言っても、定番過ぎて皆がやっています。なので敢えてそこは名産品にズラすというイメージになります。

今回のように別に名産品でなくても、全国に数店舗しかないみたいなところも攻められるとなお良いですね。

イベントやシーズンごとに名産品を連想

今回はチョコレートシーズンで考えましたが、他にもイベントやシーズンごとに地元で売れているものを考えていきましょう。

例えば前回の冬に他に売れていたのは、福岡で有名な茅乃舎というお店の鍋の素でした。

他にも春だったらこれ食べるな〜とか、夏だったらこれでしょ〜というものを地元の名産品と掛け合わせながら考えてみてください。

僕も今回の事例でかなり勉強になったので、もっと出品数を増やそうと思います。

トレンドせどりの未来の話

最後に少し僕が想う健全な稼ぎ方についてお話して終わりたいと思います。

僕は王道トレンドせどりのように、トレンドを追いかけて稼ぐビジネスモデルが苦手です。

理由は、トレンドを追いかけるライバルと奪い合いになって疲れるからです。

限定スニーカーのせどりもほんの少しだけやっていましたが、やはり好きにはなれませんでした。

朝早くから長者の列を並んで、数少ないスニーカーを奪い合うことになります。。

一回抽選で当たって購入することもできましたが、稼げた喜びよりも辛さが上回っていました。

最新情報を追いかけることも疲れるし、ライバルと争うのも疲れる。

せどりや転売だけに限らず、自由になりたいという想いから始めた個人ビジネスで不自由になっている人が多いのは紛れもない事実なので、、ここは見直しても良いのではないでしょうか。

だからこそ、今回のように争わずして稼ぐ方法を追求していきたいと改めて思いました。このブログも同じです。

今日は体験談ということだったので、最後の締め方を変えてみましたが、、ぜひぜひ「トレンドせどり×地元名産」のノウハウは使えるものなのでご活用ください。

それでは!

小安純也

トレンドせどりよりも、王道のせどり手法を知りたい場合はこちらの記事がオススメです☆

メルカリ転売初心者が月10万円稼ぐ為の全て【永久保存版】

追伸:

もしあなたが、もっと深く転売ビジネスの稼ぎ方を知りたい場合は、ぜひこちらに登録しておいてください!

↓【小安純也公式メルマガ】

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です