YDNなどのWEB広告で大量コンバージョンを狙う方法

Pocket

んにちは、小安です。

今日はYDNアフィリエイトを実践するけど、もしくは集客のツールとして実践しているけど、なかなかコンバージョン(成約)に繋がらないという方には必見の情報を持ってきました。

YDNでコンバージョン率をアップさせるには、集客するユーザーを間違ってはいけません。コンバージョンに繋がるであろうお客さんにのみ、広告をクリックして貰わなければいけません。

今日はそんな、どうすれば購買意欲の高いお客さんのみを集客できるのかについて、お話していきたいと思います。

それではいきましょう、本日の目次です。

YDN広告を広告と思われたら終わり?

YDNを始め、PPC、グーグル、フェイスブック、インスタ、ツイッタ…etc

ネット上ではありとあらゆる場所で広告が飛び交うようになりました。

それはインターネットの世界だけでなく、リアルの世界でも同じでチラシやCM、つり革広告など、普通に生きてたら常に広告とは隣り合わせの生活です。

だからこそお客さんは、広告に飽きているんです。

そんな人々に対して、、

・オススメのダイエット商品ありますよ!
・月に100万円稼げるアフィリエイトノウハウがありますよ!
・売上が2倍になる方法がありますよ!

なんて言われても、、うざいな〜としか思われない訳です。

人間は売り込みをされるのが嫌いです。だからお客さんの頭のなかは、、

広告=悪!

このように思われていることを理解しましょう。

だから広告を広告と思わせてはいけないんです。広告とバレずに商品を売り込みための最大のテクニックがあります。

YDN広告でさりげなく売り込む方法

YDNなどのWEB広告でさりげなく購買意欲の高いお客さんだけを集客して、さりげなく売り込む方法があります。

それは何かと言うと、広告を記事のように見せることです。

どういうことかというと、あなたも想像してみて欲しいのですが、雑誌とか新聞とか物語など、、そういった物を見るときって興味本位で読んでいくと思います。

読み物としての感覚なので、別に売り込まれるとか商品をセールスされるとか、そういう意識ってないですよね?

例えばさっきの例でいうと、

・80キロあった私が本気でダイエットして−30キロになった話
・ブラック企業で社畜だった僕が起業して1年で1000万円稼げた理由
・潰れる寸前だったラーメン屋になぜ行列ができるようになったのか?

このように、記事のようなタイトルにするだけで確実に売上はアップします。

ダメな例と並べてみましょう。(上:売り込み広告 下:記事広告)

・オススメのダイエット商品ありますよ!
80キロあった私が本気でダイエットして−30キロになった話

・月に100万円稼げるアフィリエイトノウハウがありますよ!
ブラック企業で社畜だった僕が起業して1年で1000万円稼げた理由

・売上が2倍になる方法がありますよ!
潰れる寸前だったラーメン屋になぜ行列ができるようになったのか?

 

どちらをクリックしたくなりますか?

他のところでもお話していますが、インターネットを見ているほとんどのお客さんは暇つぶしの最中です。

だからこそ、暇つぶしになるような興味深い記事が読みたいのです。

じゃあどうすればこのような記事風のタイトルが書けるのか?

お客さんが本当に求めているのは商品ではない

お客さんが欲しいのは、商品ではなく商品を手に入れた先にある理想の未来像、いわゆるベネフィットです。

なのでこのベネフィットを軸において広告を考えると、お客さんの目を引くような記事風の広告が完成します。

ダイエットをしてどうなりたいのか?
副業で稼いでどうなりたいのか?
お店をどんな状態にしたのか?

商品を売り込みのではなく、ベネフィットを売り込むイメージ。

何よりも大切なのが、まずは広告をクリックしてもらうことが大切です。お客さんを集客さえすることができれば、スタート地点にも立てません。

そしてこの記事広告の場合は商品をセールスするのは一番最後でOKです。十分にベネフィットを伝えた上で最後に商品を紹介しましょう。

どうやすればなれるんだろう?を思って貰えば勝ち

商品をさりげなく売り込むコツは、お客さんにどうやったらそうなれるんだろう?と思って貰えるかどうかです。

その時点で自分もなりたいと思っている証拠なので、じゃあこの商品を使えば目標を達成できるからどうぞ!って形で。

「−30キロ?どうやってなれるんだろう?」
「社畜卒業?どうやって?」
「潰れかけのラーメン屋が行列?どうやって?」

この構図は確実に理解しておきましょう。

商品をいきなり売り込むのは本当にナンセンスです。最初から商品を購入しようと思っている人には売れると思います。ですが最初から商品が欲しくてネットで探してくれてる人(顕在層)は極わずかです。

その少ないパイを奪い合うのであれば、記事広告をマスターして潜在的に悩みを解決したいと思っている層を狙っていきませんか?

ぜひ、意識して記事広告を作ってみてください☆

追伸:

ネットビジネス全般における最新のネタを、
日刊メルマガにて無料で提供中です!

↓【公式メルマガ】元柔道バカが送る根性論×戦略的ビジネス論

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です