【2018年9月】YDNアフィリエイトの規約変更を賢く乗り越える!実は新たなキャッシュポイントが眠っている…

Pocket

YDNアフィリエイトの規約変更を賢く活用

YDNやPPCを始め、SNS広告やグーグル広告など他社媒体でアフィリエイトを実戦していく際は、本当にこの規約変更が厄介なものとなってきます。

審査に通っていたサイトが規約変更後に全て配信停止になるということは、もはや日常茶飯事なことです。

ですので、特に初心者の方は覚えておいて欲しいのですが、YDNアフィリエイトのようにヤフーなどの他社媒体を使ったビジネスに取り組む時は、”規約変更”をセットとして考えるようにしてください。

どういうことかというと、目の前で使えているノウハウは必ずと言っていいほど使えなくなるというのことを覚えておきましょう。

「え、それって難しくないですか?」
と、思われるかもしれません。

ただこの上記の構図を理解したうえで望まなければ、必ず規約変更と同時に消されることになります。

ですがやはりネットを通してビジネスに取り組んでいる以上は、稼ぎ続けなければ意味がありません。

そしてYDNアフィリエイトでノウハウを仕掛ける側であったり、大きく稼ぎ続けている人は全員が受け入れていることになります。だから逆に規約変更がチャンスだったりします。

なぜなら、、その規約に素早く対応してしまい”規約変更対策マニュアル”を作成して、プラスで収入を得ることができてしまうのです。

もしあなたが実践者ならば、この規約変更のタイミングでどんな行動を起こすか想像してみてください。

「YDNアフィリエイト 規約変更」

「YDN 規約対策」

などのキーワードで検索していきませんか?

そこのターゲットを狙って仕掛けを作ってキャッシュポイントが生まれるんです。

YDNアフィリエイトを始め、PPCなどの広告運用で成功するには必ず規約変更をセットで考えるのと、仕掛ける側の視点を持ちましょう。

なぜYDNアフィリエイトは規約変更が起こるのか?

アフィリエイターに対して嫌がらせをしている。

と、稼げないアフィリエイターは勘違いしていますが、そんなハズありません。そんな規約変更の裏側舞台を知ってこそ稼ぎのヒントが拾えたりします。

YDNの規約が厳しくなりだしたのは、2017年の夏頃からでした。

薬事法に関する法律が改定されたこともあり、広告媒体でトップを走るヤフーとしても、厳しくせざるを得ない状況になりました。

薬事法とは?

超簡単に言うと、、美容や健康食品ジャンルを扱う際に、効果効能を謳ってはいけないというルールです。

例えばダイエットサプリを扱う際に、アフィリサイト内で○キロ痩せれる!という言葉を使ってはいけません。

サプリはあくまでも健康食品であって医療用の薬ではありません。なのでサプリの立ち位置としては、痩せるための活動を促進させたりサポートしてくれる脇役です。

ーーー

そんな薬事法に関する規約が厳しくなった理由ですが、多くのアフィリエイターがグレー手法を使って、

「1週間で10キロ痩せる」

「10日で髪がフサフサに生える」

などを謳ったアフィリサイトを作成しました。

これが本当に悪循環を呼んだのです。。

YDN広告のような(運用型広告)が普及したことにより、商品が流通していくスピードは格段とアップしました。どんな商品でもWEB広告を使えば、お客さんの目に触れさせれるようになった証拠です。

「痩せねーじゃねぇか、コノヤロー!!」

上記の謳い文句に騙された購入者が、こぞって販売元やもっと言うと消費者庁にクレームの電話をいれたのです。。

何が言いたいかというと・

ユーザーのためにならない広告は、存在価値がありません。

全てはお客さん目線を持つことからビジネスはスタートします。自分の利益しか考えてないグレー手法は、絶対に長続きしません。それに最終的には自身のアカウントを剥奪されるだけでなく、ユーザー・ヤフー・アフィリエイター・企業…全てに迷惑を掛ける行為なので、絶対に辞めましょう。

広告の有用性

2018年4月には、YDNアフィリエイトの実践者であればかなり痛手を食らうような規約変更もありました。

これも結局、存在価値のないアフィリサイトがYDN広告を通してヤフーで氾濫してたので、大企業からは圧力が掛かっていたようです。

「何でうちの広告の隣に、ボタンと画像をコピペで作ったような広告が並んでるんだ?」

日本を代表するト○タなどからすると、ヤフーという信用を買って広告費を払っている訳です。

「/提携」が必要なくなったのも、一見、文字数に余裕が生まれたんだと見ることもできますが、ヤフーとしては企業とアフィリエイターを同等の立場で見ていくぞ!という意図があったりします。

アフィリエイターだから許されるは、なくなりました。。

あとは薬事法からの流れで、根拠のないサイトやユーザーの意思で商品を決めれるようにするための比較表など、よりユーザー目線が求められるようになったのです。

YDNの規約を乗り越えるための3ステップ

前提としてそれだけ規約が厳しくなろうとも、アフィリエイト完全NGにならない限りは戦う余地はあります。

ステップ1:規約をよく読む

まずは変更されたマニュアルをよく読んでいきましょう。規約変更で躓いていた多くのコンサル生の方は、そもそもこのマニュアルを読んでいなかったということがありました。

ですが言ってしまうと、このステップ1だけで規約は乗り越えられます。なぜなら規約変更に関するマニュアルを見て、その通りにやればいいだけなので。

こう言ってしまうと反感を買いますが、仕掛ける側はこれで解決していきます。

これまでの手法に対して執着することなく、新しい規約に順応していく気持ちも大切ですね。

ステップ2:ライバルをリサーチ

規約変更が起こったら、一斉に仕掛ける側は新しいサイトを試し始めるので、その対応されたサイトをリサーチしていきましょう。自分で0から考えていくよりも、既にあるものをリサーチしてそれを真似していくのが早いです。

芸術は模倣から生まれます。

ライバルサイトをがんがんリサーチして、どんなサイトが審査に通っているのかを調べていきましょう。

ステップ3:仮説&検証

実際にライバルサイトを見つけたら、そのサイトの型(流れ)を真似してあなたもサイトを作成してみましょう。当然ながら丸パクリは絶対にNGです。

そして審査に出しながら、ヤフーに対してどんなサイトなら審査に通るのか仮説を立てながら検証していきましょう。

さらには、この3ステップができない(やりたくない)人のために、規約対策マニュアルを作ってあげてみてください。正直、かなり売れますので。。

めんどくさいことをやった人が勝つ

本来であれば規約を乗り越えることは、上記の3ステップをやれば誰もが乗り越えられます。でも結局多くの方がめんどくさがってやらないのが現実です。

ただ仕掛ける側やYDNアフィリエイトで大きく稼ぎ続けてる人は、この作業をやり続けています。そうなってくると正直やったもん勝ちです。

逆にちょっと頑張るだけで大きく稼げてしまうので、他の一般的な仕事に比べると楽と言っても過言ではありません。楽して稼ぐ方法はないけど、ちょっと頑張れば後で楽になる方法はたくさんあります。上記のステップを筆頭に。。

ぜひ、これをキッカケに本当の意味で規約を乗り越える力を付けて欲しいと思います。

そしてYDNアフィリエイトで稼ぎ続けていきましょう。
ここまで読んでくれたあなたを、心から応援しております。

ネットビジネス全般における最新のネタを、
日刊メルマガにて無料で提供中です!

↓【公式メルマガ】元柔道バカが送る根性論×戦略的ビジネス論

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です